ディズニー英語システム(DWE)教材の種類1

この記事は2分で読めます

幼児英語教材 ディズニー英語システム(DWE)教材の種類について(2009年6月時点)

DWEの教材は、組合せが100通り以上あるとのことで、最初はそんなに種類があってはよく分からないと思っていました。
しかし、実際は様々な組合せが自由にできるだけであって、教材自身の種類はそれほど多くありません。

また、教材によっては10万円以下から購入可能です。

以下、DWEの教材について(注:2009年時点です)記載します。

・Play Along
→ 0~3歳用で、DWEをスムーズに進められるように開発された体験型教材。
画面に登場する親子と一緒に、画面と同じおもちゃを使い、言葉の意味を理解させる。
Play Alongにはディズニーキャラクターは登場しません。
DVD 3枚,CD 3枚,おもちゃ16種と専用ブック。

・Sing Along
→ DWEに登場する歌を抜粋したセット。
ドライブやお部屋遊びのBGMとしては最適。
歌の絵本4冊,歌のCD4枚,朗読のCD4枚,DVD4枚,ポスター4枚,キャラクターカード。
12枚,ソングガイド4冊。

・Mickey Package
→ DWEのメイン教材です。セット購入ではPlay Alongが含まれています。
・ストレート・プレイDVD(DVD12枚)
→ ストーリーを映像で見て、音声と絵を結びつけ、言葉の意味を『理解する力』を身につける。
・トークアロング・カード(カード510枚とそれを読み取る機械)
→ フレーズで聞いていた英語の中から、単語を『聴き分ける力』とその役割を理解する。
・DWEブック&CD(絵本12冊,CD14枚)
→ 日常会話が楽しいお話になった絵本とCDで、『読む力』と『聴く力』を身につける。
・ステップバイステップ(DVD24枚,宝箱,アクティビティ・ボックス)
→ ストレート・プレイDVD、DWEブックで養った英語力を使い、塗り絵やゲームなどを行う。DVDからの指示に従い、自主的にレッスンできる。
『自ら学ぶ力』を養う。

・Fun With Words(単品購入不可)
 → テーマごとに言葉をまとめた絵辞書のような絵本とカード。
語彙を増やすためのもの。
絵本2冊,CD2枚,ゲームカード270枚。

・Mickey Leap Pad(単品購入不可)
→ 専用のペンで絵本をタッチすると、クイズやゲーム、効果音などが飛び出す電子絵本のようなもの。
本体1台,絵本4冊。

・Let’s Play(単品購入不可
→ 工作やお絵かき、化学の実験などができる道具セット。
DVD8枚,収納箱,道具約100点。

DWEにはこれらの教材があり、単品(一部単品購入不可)やセット(組合せ自由)での購入となります。

DWEの教材の種類は、ワールドファミリーの公式ホームページに画像付きで詳しく説明されています。
最新の教材に関する詳細情報を確認したい方は、下記ワールドファミリー公式ホームページを参照ください。

→ワールドファミリー公式ホームページ(教材紹介のページ)

『PlayAlong』や『SingAlong』は単品でそれぞれ10万以下でしたが、後々MickeyPackage等を買い増ししていくと結局高くつくので、我が家は最初からセット購入することにしました。

組合せは自由にできるのですが、代表的な組合せセットを次回紹介しようと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

DWE無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

Z会無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

メンバー限定ページ

ブログランキング

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ