DWE595日目 ディズニー英語システムの購入について感じたこと

この記事は2分で読めます

幼児英語教材 ディズニー英語システム(DWE)の教材『ミッキー・リーフパッド』で遊ぶお兄ちゃんのたっくん(3歳2ヶ月)と妹ののえまちゃん(1歳3ヶ月)。

DSCF1705-s

ミッキー・リーフパッドは専用のペンで絵本をタッチすると、クイズやゲーム、楽しい効果音などがどんどん飛び出してくるという教材です。

そんな中、『ミッキー・リーフパット』の改良版となる新製品、『ミッキー・マジックペン・セット』の紹介案内(DVD付)がワールドファミリーより届き、DVDを見るとあまりの進化ぶりに欲しくてたまらなくなりました。

しかし、たっくんはやっと最近ミッキー・リーフパッドに興味を示し出したところ。
ミッキー・リーフパットはDWE購入後1年半以上経過してから徐々に興味を持ち始めた教材。

うーん、現教材をほとんど使用していないのに、いくら魅力的とはいえ新教材に買い替えるわけにはいかない。

ディズニー英語システムの購入について感じたこと。

DWE購入時、セットで購入した方がかなり割安となるため、セットで購入した我が家。
しかし購入時1歳半だったたっくん(えまちゃんはお母さんのお腹の中)がいきなり全ての教材を使える訳がありません。

DWEの教材自体には、子供たちの効果を見ているととても満足していますが、最初は『プレイアロング』と『シングアロング』のかけ流しがメイン。

例に挙げた今ある『ミッキー・リーフパッド』でも子供たちにとっては十分満足できる教材なのですが、大人が新製品を見てしまうとその性能のあまりの進化に新しいものが欲しくなってしまうものです。

各教材が新しくなるタイミングは分からないので何ともいえませんが(それほど頻繁ではないようですし)、割高となってしまっても必要に応じて教材を追加購入していく、という手もあるなと感じました。

割安なまとめ買いをするか、割高となってしまっても都度必要な教材を買い足していくか、なかなか悩ましいところではありますが。

いずれにしても、我が家としてはDWE自体には大満足しています。

最近たっくんはDWEソングを相変わらず普通に口ずさんでいますが、たまに何やら英語でゴニョゴニョ喋っていることがあります。

しかし、残念ながら全く英語のできないお父さんとお母さんは聞き取れないのでした(笑)。
何やらDWEのDVDに出てくる一フレーズを暗唱し、喋っているようです。

適当に取り組んでいる割には、かなりのDWE効果を実感できている今日この頃。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

DWE無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

Z会無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

メンバー限定ページ

ブログランキング

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ