ディズニー英語システム(DWE)購入の経緯2

この記事は1分で読めます

幼児英語教材 ディズニー英語システム(DWE)購入の経緯2

まずは幼児英語教材ディズニー英語システム(DWE)を販売している会社、ワールドファミリーの公式サイトを検索。

やはり価格に関する記載はありません。

ネットで調べていくと、DWEは中古でも数万~数十万するらしい。
しかも、DWE教材の種類がたくさんありすぎて何だかよく分からない。

そして、正規の値段がなかなか見つからない。
DWEの口コミサイトを調査すると、正規価格だと60万以上するとのこと。

予想以上に高い!!

DWE以外にも幼児英語教材を調べてみると、『ワールドワイドキッズ』や『えいごであそぼ』など魅力的な教材が多いこと。

幼児英語教材比較サイトではかなり高評価である、ベネッセの幼児英語教材『ワールドワイドキッズ(WKE)』とNHKの幼児英語教材『えいごであそぼ』の無料サンプルも取り寄せてみたところ、サンプルDVDの内容はなかなかの充実度。
どちらも良くできているので購入意欲を誘われます。

幼児英語教材比較紹介サイトを調べれば調べるほど、正直どの幼児英語教材にすべきか迷いが生じました。

幼児英語教材比較サイトでは、ベネッセのワールドワイドキッズ(WKE)はかなりの高評価だし、WKEのサンプルDVDには教材の分かりやすい価格資料が同封されており、怪しさいっぱいのディズニー英語システムに比べ、とても好感が持てました。

また、フォニックスを取り入れるなど(最近の幼児英語教材はほとんど取り入れているようです)DWEとの差別化も明確。

しかも価格が20万程度と安い。
この時点でお父さん(私)とお母さん(妻)の感覚はすでにおかしくなっていました。

20万は決して安くない!!

すでに基準がDWEになっていたようです(笑)。

何にせよ、この時点で何かしらの幼児英語教材を購入する意思は固まっており、さらにネットで幼児英語教材を調査。

幼児英語教材についてあれこれ悩んでいると、DWEのサンプルが届いてから数日後、見知らぬ電話番号からお父さんの携帯電話に着信が・・・。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

DWE無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

Z会無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

メンバー限定ページ

ブログランキング

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ