DWE2774日目 ディズニー英語システム(DWE)の記録(妹)

この記事は2分で読めます

ディズニー英語システム(DWE)購入・開始より7年7ヶ月経過。
息子のたっくん(9歳1ヶ月・小3)、娘のえまちゃん(7歳2ヶ月・小1)。

前回記事に続き、今回は妹のえまちゃんのDWEレッスンの音声を録音してみました。

シングアロング『Spoken Version』のCDを聞き、『Book』の歌詞を指で追いながら、繰り返し歌詞を読んでいきます。
そして、CDを止め、自分だけで歌詞を読んでいく、というレッスンです。

今回録音してみたのは、前回記事のお兄ちゃんのたっくんと同じ曲、シングアロング2(グリーン)の32曲目、『The Baseball Song』。


※クリックすると音声がでます。

なんかちょっと歌っちゃってる(笑)。

でもまぁ、お兄ちゃん同様結構ちゃんとできているかな。

ふたりとも着実にDWEの効果が出ているようです。

このレッスンはブルーの最初の曲から取り組んでいるので、今回の曲でグリーン32曲目だから、兄妹二人ともブルーの38曲と合わせて70曲分はマスターです。

このレッスンをイエローまで行い、次にステップバイステップの復習をブルーから行い終了したら、ステージⅢの卒業準備(Pre Graduation)、卒業課題(Graduation)へと取り組んでいく予定です。

ちなみにですが、えまちゃんは7歳、たっくんは9歳だし、歌詞を読むレッスンに取り組んでいるので、ワールドファミリーショッピングのサイトでフォニックス教材を購入してみようか検討中です。

ワールドファミリーショッピングのサイトで調べてみると、

・I SPY フォニックス・ファン・パック
・フロッピーズ・フォニックス

が候補かな。

ちなみにフォニックスとは、英語の文字を表す音を学ぶ学習法で、フォニックスのルールを覚えることで、7割近くの英単語が読めるようになると言われています。

まだ購入するかは検討中ですが、もしも購入したらそのうち記事に書こうと思います。
いつになるかは分かりませんが(笑)。

ディズニー英語システム(DWE)にフォニックス教材が含まれていないのは承知の上で我が家はDWEを購入していますが、ちゃんと補足教材(しかもかなりちゃんとしたフォニックス教材)を紹介してくれているのでありがたいです。

そもそもDWEはフォニックスを学ぶ年齢以前から、黄金期の脳に直接英語をインプットする教材ですもんね。

様々な幼児英語教材を比較検討し購入する際、ネットに溢れる比較情報などは参考程度にし、子供を最終的にどのくらいの英語レベルにしたいか、ということを見据えた上で検討することをオススメします。

我が家がDWEに取り組んでいることを知っている、子どもがまだ小さい友人や会社の同僚から、英語教材の選び方について相談されたりすることもあるので、幼児英語教材の選び方についてもそのうち記事に書いてみようかなと思います。

ワールドワイドキッズ
えいごであそぼ PLANET
パルキッズ

など、DWE以外にも日本市場には様々な幼児英語教材がありますからね。

小学校で英語が教科化されるようになった今日、早期英語教育に取り組むことを検討されているご家庭としては、どの教材を選ぶべきか悩みどころですよね。

何はともあれ、DWEユーザーである我が家はDWEをひたすら地道に続けていき、お兄ちゃんのたっくんが小学生の間にDWE卒業を目標として取り組んでいこうと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

DWE無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

Z会無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

メンバー限定ページ

ブログランキング

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ