DWE2753日目 小学5・6年で英語が正式科目に

この記事は2分で読めます

ディズニー英語システム(DWE)購入・開始より7年6ヶ月経過。
息子のたっくん(9歳1ヶ月・小3)、娘のえまちゃん(7歳1ヶ月・小1)。

先日、文部科学省の諮問機関である中央教育審議会は、2020年度から実施される新たな学習指導要領で、小学5年生と6年生で英語を正式な教科に位置づけることを、松野文部科学大臣に答申しました、とのニュースを目にしました。

DWE1989日目の記事:文部科学大臣は、学習指導要領の全面改定を中央教育審議会に諮問した
DWE2610日目の記事:中央教育審議会は、新学習指導要領の全体像となる審議まとめ案を示した
そして今回:中央教育審議会は、新たな学習指導要領について文部科学大臣に答申した

つまりここ数年の間、文部科学大臣の諮問を受けた中央教育審議会は、2020年度から順次実施される小中学校や高校の教育内容を定めた新学習指導要領に向けての議論の結果について文部科学大臣に答申をした、ということですね。

中央教育審議会の答申を受けた松野文部科学大臣は、

『答申に示された提言をしっかりと受け止めて、その理念の実現に必要な施策の推進に全力で取り組みたい』

と述べたとのことです。

文部科学省はこの答申を受けて、小中学校は2016年度中(高校は2017年度中)に学習指導要領を改定し、小学校は2020年度(中学校は2021年度、高校は2022年度)から、新たな学習指導要領を全面実施するとのこと。

小学校での英語が正式科目になる、という方向性が以前から中央教育審議会より示されていましたが、今回文部科学大臣からの諮問に対する中央教育審議会の答申ということで公表されました。

ちなみに、

諮問:有識者または一定機関に意見を求めること。
答申:諮問に対して意見を申し述べること。

となります。
難しい言葉ですね(笑)。

中央教育審議会からの文部科学大臣への答申は、

・小学5年生と6年生で、グローバル化に対応するため、英語を正式な教科に位置づける
・ゲームや歌などを通じて英語に慣れ親しむための外国語活を小学3年生から前倒しで始める

とのことで、中央教育審議会から示されていた新学習指導要領の審議のまとめ案から変更はないようですね。

小中学校においては、2018年度から各校の判断で新学習指導要領を先行実施できるとのことらしいので、たっくんが5年生になったときから英語が正式科目になる可能性が出てきました。

えまちゃんが5年生になるころにはちょうど新教育指導要領が全面実施になる2020年度。

DWEキッズが新学習指導要領に沿った英語教育を受けた場合、どのような評価をされるのか(といっても通知表においてですけど)、ちょっと楽しみです。

ちなみに我が家の子供たちは二人とも音楽の習い事をしていますが、二人とも通知表の音楽の成績は特に秀でることもなく、いたって普通です(笑)。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

DWE無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

Z会無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

メンバー限定ページ

ブログランキング

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ