DWE131日目 きよしのズンドコ節

この記事は2分で読めます

幼児英語教材ディズニー英語システム(DWE)による英語教育も早131日経過。

さて、今日は仕事をさっさと切り上げお母さんとたっくんの待つ我が実家へ。
電車を降りて改札をでると、じいちゃんがたっくんを連れて迎えに来てくれていました。
お父さんが、

『たっくん、ただいまー。』

と、じいちゃんに抱っこされたたっくんに近寄ると、 たっくんの目線は電車に釘付け。
お父さんのことは無視(ううっ悲しい)。
そして、大声で、

『でんしゃー!!。ゴーゴー!!。』

叫ぶたっくんにお父さんちょっとビックリ。
たっくんは電車やバスなどの乗り物が大好き。

実家に帰宅し夕食後、じいちゃんが『たっくん、お父さんにあれを見せてあげよう』と。
まさか・・・、やっぱりね・・・、そうだよね・・・。
じいちゃん、ビデオを再生。
テレビ画面にはあいつの姿が・・・。

氷川きよし!!

静かに画面を見つめるたっくん。
DSCF6047-ss
徐々にノリ始め、リモコン片手に歌い始めるたっくん。
DSCF6052-ss

ズン、ズンズン、ズンニョコー(ズンドコ)♪

決めポーズ。
DSCF6053-ss

ビデオが終わるとたっくん、

『もっかい、もっかい(もう一回)。』

とおねだり。
結局5回もズンドコ節を見ました。

まぁ、たっくんが色々覚えるのは良いことなのだが・・・。
うーん、じいちゃん、お父さん的には違うのですよ。
じいちゃん嬉しそうだから言わないけどさ(笑)。

まずい、確実にきよし漬けにされている。
悔しいお父さん。
別の部屋でたっくんに音楽再教育。

世界で勝負できる可能性を秘めた日本のバンド『Pay money To my Pain』の2ndアルバム『after you wake up』。

このアルバムのラストを飾る『Bury』という曲は、たっくんが夜泣きしていた時期の寝かし付けによく流していました。
お父さんの大好きな曲。
しかし、アルバムを流していても、たっくんあまり興味なさそう。

傍にいたお母さん(全く洋楽には興味なし)がポツリと一言。

『まだ、たっくんにはこういう曲は分からないんじゃないの。
ほら、DWEの歌とか氷川きよしの歌はゆっくりで聴きやすいし。』

お母さん、それはフォローなのかい?
たっくんに会えて嬉しいけれど、どこか悲しいお父さんなのでした(笑)。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

DWE無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

Z会無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

メンバー限定ページ

ブログランキング

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ