DWE1880日目 夏休みのDWEとZ会

この記事は2分で読めます

ディズニー英語システム(DWE)購入・開始より5年1ヶ月経過。
息子のたっくん(6歳8ヶ月)、娘のえまちゃん(4歳9ヶ月)。

我が家は、
英語:ディズニー英語システム(DWE)
その他学習:Z会の通信教育
に取り組んでいます。

この2つだけ。
英会話教室や公文式、ベネッセ等のその他教材には一切取り組んでいません。

DWEに取り組み始めて早5年以上経過。
二人とも現在ブルーCAPで、最近はグリーンCAPに取り組み中。

Z会は、
たっくんは3年目(年中・年長コース終了):現在小学生コース
えまちゃんは2年目(年少コース終了):現在年中コース
に取り組んでいます。

この2つの教材は家で取り組むものなので、毎日少しずつですがコツコツ地道に継続できています。
我が家のライフスタイルには合っているので、どちらも気に入っています。

また、子供達にも高い効果が得られているので、かなり満足感も高いです。

先日会社が代休だったので、子供達のDWEとZ会に取り組む様子を確認しました。
たっくんとえまちゃんは現在小学校と幼稚園が夏休み。
たっくんは8月上旬まで小学校のプールが午前中あるのですが、朝食後、プールに行く前にお勉強するのが日課のようです。

小学校の夏休みの宿題は、7月中にほとんど終わってしまったので、毎朝Z会とDWEに取り組んでいます。

まずはZ会。
たっくんは小学生コースで、えまちゃんは年中コース。

s-DSC05727

たっくんが取組んでいるのは、小学生コース(ハイレベル)。
小学生コース(ハイレベル)は通常、
・わくわくエブリスタディ(算数・国語)
・わくわくエブリスタディ けいけん(理科)
・わくわくエブリスタディ けいけん(社会)
・ドリルZ(算数・国語)
の4冊の教材が、毎月Z会から送付されてきます。

s-DSC05731

余計なおもちゃのような付録は一切なく、シンプルで良い感じ。
結構なボリュームに感じますが、たっくんは毎月こなせています。

8月号は、『なつやすみスタディプラス』という算数と国語のワークが、Z会からの夏休みの宿題として追加されていました。

s-DSC05732

全体的にはかなりの量ですが、たっくんは毎日取り組むページ数を決めて、コツコツと取り組んでいます。
やはり少しずつでも毎日地道にコツコツが重要ですね。

Z会の後は、DWE。
普段はトークアロングカードやステップバイステップに取り組んでいるようですが、この日はお父さんがいたので、一緒にグリーンCAPの課題である、『Pre Lesson 4』に取り組みました。

Pre Lesson 4は、DWE4の範囲(No.183~256)のトークアロングカードの中から10枚選び単語とセンテンスの両方を言う、といった課題です。

s-DSC05743

t140805-PL4 ※クリックすると音がでます。

s-DSC05745

e140805-PL4 ※クリックすると音が出ます。

二人とも、ちょっとやり直した個所はあったけど、多分合格できるレベルだったので、早速グリーンCAPのオーディオCAPに応募。
月末に応募する割合が高い我が家ですが、今月ひとつめの課題は何とか月初に応募できました(笑)。

月に応募できるCAPの課題数は3つ。
今月はあと2つ応募できるので、なるべく早めに応募できたらなと思います。

子供達がDWEから離れたり、Z会の勉強を嫌がったりすることもありましたが、止めずに地道に継続してきたので、DWEもZ会も日課として取り組めるようになりました。

今後もDWEとZ会は地道に継続していきたいと思います。

ちなみに、先程子供達がDWEから離れたり、Z会の勉強を嫌がったりすることがあった、と記載しましたが、正確には子供達ではなく、たっくんが、です(笑)。
えまちゃんはDWEもZ会も嫌がったことはほとんどありません。

男の子と女の子の違いなのか、上の子と下の子の違いなのか、性格の違いなのか、よくは分かりません(笑)。
まぁ、今後とも家族で楽しくDWEもZ会も取り組んでいきたいところです。

我が家の子供達が取り組んでいるDWEとZ会には、無料お試しサンプルがあるので、もし興味のある場合はこちらからどうぞ。

・DWE(ディズニー英語システム)
「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント

・Z会
資料請求はこちら(Z会無料サンプルプレゼント)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

DWE無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

Z会無料サンプルプレゼント

お取り寄せはこちら↓

メンバー限定ページ

ブログランキング

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ